脱毛について

脱毛の方法にはいろいろありますが、ここでは脱毛テープについて見ていきましょう。脱もテープでの処理方法は手軽ですし、値段も安く手頃な方法と言えます。また、次に毛が生えてくるまでの期間も比較的長いです。では脱毛テープの処理方法とはどうするのでしょうか。

・脱毛テープの使いかた

 脱毛テープの特徴を挙げるなら短時間で広い範囲の脱毛ができて、なおかつ毛根から抜く事ができるので、毛周期を遅らせる事ができる事です。どこで入手するかと言えばドラッグストアなどで購入可能です。脱毛テープの大きさはいろいろで手足やワキ、ビキニライン、指など脱毛する部位に合わせて大きさが変わります。また、使用には毛穴が開いている状態での使用が望ましいので、入浴後に脱毛するか、蒸しタオルなどを使い肌をしっかりと温め毛穴を広げておきましょう。その後にテープを無駄毛に貼って一気に剥がします。毛の流れにそってするタイプと毛の流れに逆らうタイプがあるので、説明書は要確認です。

・注意点

 脱毛テープは肌への負担は大きいです。炎症や腫れや、黒ずみを起こす可能性もありますから、使用前には必ずパッチテストをしておくようにしましょう。自分の肌に合っているどうか確認しておきましょう。ただ、注意しなければいけないのは1度大丈夫だったとしても次に使う時には大丈夫かは分かりません。ですから、その都度行うようにしましょう。脱毛サロンに行くにはお金がもったいないという人は、脱毛テープならコストも抑える事が出来るので、一度試してみてはどうでしょうか?

脱毛を高槻でお考えの方へ
脱毛高槻

Read more

5世の中の女子の皆さんはどんな脱毛処理をしているのでしょう。私は両親共に毛深いのでやっぱり毛深く、つるつるの人達はどうやって脱毛しているのかと思ってきました。エステに行ってお金をかけるのももったいないし、薬局で何が一番いいのかも良くわからないし、昔思春期の学生時代は一応薬局でクリームなんかを買ってすね毛の脱毛をした記憶もあります。なんかとっても面倒だったような記憶もありますが、結局永久脱毛しないとまた生えてくるわけです。

良く中学生の時に母親のすね毛が嫌で「足剃ってよ!」と言っていた自分が放っておくと大変なことにきっとなってしまいます。スカートをはくことは今はほぼないのですが、夏の暑い時はハーフパンツをはくので大変です。剃ったりもするけれどそうすると、綺麗に剃れなかったり、カミソリ負けしてしまったり。一番期間を置けるのはやっぱり毛抜きで一本一本抜く方法かな、と思っています。今は我が子がお小遣い稼ぎに100本で100円なので、学校が休みの前日やちょっとコインゲームのお金が無くなってきた時に張り切って「さあ抜くよ!」と抜き始めます。

まあパソコンをしている間にやってくれたりするので、一石二鳥と言えばそうなのですが、なんせ抜く抜く。

あっという間に300本400本と抜いてくれます。ただこれも良し悪し。抜いたところがかゆくなってしまうのです。きっと生えてくる時にかゆくなるのだとは思うのですが、我慢できずにかいてしまうので、かき傷ができてしまうのが悩みです。わざわざ聞けることでもないし、みなさん一体どうやって脱毛処理してるのでしょうか。

私が住む池袋で脱毛サロンを探すならここがお勧めです。

池袋脱毛ならこちら

Read more

5ムダ毛の処理を始めたのは、中学生になってからです。とってもお洒落で、女子力高い系の友達がいて、その子が色白で肌がツルツルなのが羨ましくて。ある時聞いてみると、自分で脱毛処理してるんだよ、と言うのです。パスタタイプのものを塗って、乾かして剥がすんだよって。痛くないし、処置後の肌も荒れないから良いよ、って。真似してみたかったけど、そのお値段を聞いてガッカリ、とても中学生に手が出るお値段じゃなかった。そこで私が試したのは、お風呂場で、父のT字カミソリを使って剃る事。面積の大きい脚や腕に生えた産毛が、きれいさっぱり無くなったビジュアルは感動的でしたね。あんまり頻繁に剃ると肌に負担がかかると聞いたので、一週間に一度にしていましたが、また生えてくる時に、短くなった毛先がチクチクして気になりました。それに、脇の下は怖くて、カミソリを使えなかったのです。一度試してみましたが、柔らかな皮膚の皺に引っ掛かって、血が出てしまったんです。それからお小遣いをため始め、母には内緒でレディスシェイバーを買いました。自分としては「中学二年生になってようやく、安心してに無駄下処理がし放題だ!」と嬉しかったのですが、周りでは友達がリムーバークリームとかテープタイプで剥がすと爽快だとか言っていて、進んでるなぁ、と羨ましかったですね。処理後の肌が最も綺麗で、痛みも無いパスタを自分で買えるようになったのは、社会人になってからでした。それに脇の下は、サロンで脱毛して貰うのが一番ですね。

Read more