すそわきがのケアとして、お食事内容も大切となります。

すそわきがと言われるものは、基本的には上半身の脇の部分に現れるワキガと同じものとなります。

ただ乳輪や陰部にあらわれるものですが、わきがと同じアポクリン腺からでる汗が原因となります。

身体にある汗腺の1つであるアポクリン腺は、脇の場所のワキガと、すそわきがとを併発している人も多いのです。

アポクリン汗腺にふくまれる尿素・脂肪・アンモニアの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸とまじりあいます。

そしてからだにある常在菌というものが皮膚にあることで、分解され独特なニオイとなるのです。

5わたくしも思春期のころには、ワキガ特有のニオイで悩ませれました。

年齢を重ねることで、ニオイも強く感じなくはなりました。

でもデオドラント効果のあるものを今でも使っております。

やはりすそわきがは病気でないと言いましても、親御さんからの遺伝はおおいものとなります。

父親や母親の一人だけがワキガの場合でも、遺伝は50%以上の確率とあるのです。

これはすそわきがでも、ワキガでも同じ事が言われます。

ちなみにすそわきがの対策情報はこのサイトがおすすめです。

すそわきが対策はここから

またワキガの人はすそわきがと共に、ニオイのある人など多い傾向があります。

すそわきがのニオイを、人に気づかれることは嫌なものです。

特に女性が性行為があることで、その後ニオイが強くなる傾向があります。

ワキガの対策方法など、色々とあるものです。

すそわきがに対しても、アポクリン汗腺を活発にしない食べ物は、ニオイにも効果がもてる事となります。

それは脂肪分や動物性たんぱく質の多い食材は、ニオイが強くなる傾向があるためです。

ご自分での対策方法もとりたいものです。

膣の部分を清潔にすることは、ニオイをケアすることができます。

すそわきがは、温度や湿度の高いところではニオイが強くなるのです。

清潔に思うお気持ちから、ゴシゴシ洗うことは肌トラブルとなります。

それは炎症をおこすことから、肌を守る常在菌が減ってしまいます。

この事で、雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの原因ともなるのです。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*