大人の女性のまつ毛メイク

13ある程度の年齢になったらアイメイクを濃くするのはやめたほうが良いかもしれません。

まつ毛がバッチリカールしていたり、アイラインが上下にしっかり入っているとかえって老けて見られることがあります。

おすすめなのは自然なアイメイクです。

まずは、まぶたにベースを塗っていきます。

ラメが入っているものはやめ、まぶたにハリを与えるような美容液ベースのものを塗りましょう。

次にビューラーを使います。

根元から持ち上げますが、意識するのは上にではなく「前に」です。

上にバッチリとまつ毛をカールさせるほど、下がったまぶたを強調させて老け顔になってしまいます。

あくまでスッと前に伸びた自然なカールを意識しましょう。

そしてマスカラを塗っていきます。

マスカラは何回も重ね塗りしてはいけません。

女子高生の塗りすぎたバサバサまつ毛は、まだ若気の至りだと思われますが、大人の女性はガサツな印象を与えてしまいがちです。

ボリュームタイプではなくロングタイプのマスカラを使いましょう。

根元につけたらしばらく置き、スッと前に1回でつけます。

ジグザグにつけるとダマになりやすいのでやめましょう。

コームでまつ毛をとかすような感覚です。

それを5回程度やったらマスカラは終了です。

何回も何回もマスカラを塗るのは美しいアイメイクとは言えません。

目が小さくて悩んでいるという方も上にまつ毛を向けるのではなく、縦に前に伸ばすようにするとより自然に目が大きく見えます。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*